TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/2時] ドル建ての日経平均が最高値を更新したため、外国人投資家の買いが増えると期待され一段高。アドバンテストやTDK、東海カーボンが高い
速報・市況2021年1月13日

☆[概況/2時] ドル建ての日経平均が最高値を更新したため、外国人投資家の買いが増えると期待され一段高。アドバンテストやTDK、東海カーボンが高い

2時3分時点の日経平均は28,463.53円の299.19円高、TOPIXは1,863.91ポイントの5.97ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,097、値下がり銘柄数は997。出来高は8億6,301万株、売買代金は1兆8,518億円。
後場の日経平均は一段高。
ドル建ての日経平均が最高値を更新したため、外国人投資家の買いが増えると期待された。
円建てでは過去最高値の1989年末の38,195円からその後の最安値の2009年3月に付けた7,054円までの下げ幅に対する3分の2戻しに当たる28,300円の水準を突破し、28,500円処に上昇した。
半導体検査装置のアドバンテストや全固体電池のTDK(6762)やゴールドマン・サックスが投資判断を引き上げた東海カーボンも高い。
海運市況高を反映し、日本郵船も好調。
一方、電源開発は売られ、武田薬品や大日本住友製薬が安く、日産やスズキが値下がりとなっている。
業種別上昇率上位は鉱業、石油、海運、金属、ゴムで、下落率上位は電力ガス、医薬品、精密、輸送用機器、不動産。

関連記事