TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/2時] 上海市の新規感染ゼロで香港株が大幅高となり、日経平均も上げ幅拡大
速報・市況2022年6月27日

☆[概況/2時] 上海市の新規感染ゼロで香港株が大幅高となり、日経平均も上げ幅拡大

2時1分時点の日経平均は412円高の2万6,904円、TOPIXは20ポイント高の1,887ポイント。東証プライム市場の上昇銘柄数は1,265、下落銘柄数は506。出来高は7億8,049万株、売買代金は1兆8,820億円。
日経平均は上げ幅を拡大。
米国の金融引き締めで過度な懸念が後退したことや、中国の上海市が新型コロナウイルスの新規感染者が24日時点でゼロとなったと発表した。新規感染ゼロは約4カ月ぶり。これを受けて、香港株の大幅高となり、日経平均も騰勢を強めた。
上海市の半導体工場の生産再開を受けて、東証プライム市場では半導体製造装置メーカーが買われ、レーザーテックや東京エレクトロンが高い。
半導体パッケージの新光電工(6967)はみずほ証券による目標株価引き上げが好感された。
海上物流の活発化期待で海運株も上昇。
一方、住友大阪セメントや反落し、くら寿司が安い。

業種別上昇率上位は海運、鉱業、機械、電機、紙パルプで、下落率上位は不動産、陸運、銀行、ゴム、空運。(W)

関連記事