TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/2時] 下値模索。コア銘柄が下落
速報・市況2022年9月26日

☆[概況/2時] 下値模索。コア銘柄が下落

2時6分時点の日経平均は715円安の2万6,438円、TOPIXは51ポイント安の1,864ポイント。東証プライム市場の上昇銘柄数は119、下落銘柄数は1,690。出来高は10億2,813万株、売買代金は2兆2,066億円。
韓国や台湾の下落が警戒され、日経平均も下値模索となっている。
三菱UFJやソニーグループ、ソフトバンクグループ、三菱重工やホンダ、三菱商事といったコアグループが売られている。
世界半導体市場統計で7月の世界出荷額が32カ月ぶりに前年同月を下回ったことを受けて、半導体パッケージの新光電工(6967)や半導体製造装置のSCREENが安い。
一方、8月にアマゾンと資本業務提携を発表したアイスタイルは、提携効果への期待で3日続伸。

業種別下落率上位は鉱業、石油、非鉄、卸売、繊維で、上昇業種はなし。(W)

関連記事