TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/2時] 任天堂や村田製作所、太陽誘電が前場に比べて下げ幅を拡大
速報・市況2019年5月16日

☆[概況/2時] 任天堂や村田製作所、太陽誘電が前場に比べて下げ幅を拡大

2時0分時点の日経平均は21,025.99円の162.57円安、TOPIXは1,533.97ポイントの10.18ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は774、値下がり銘柄数は1,302。出来高は10億2,220万株、売買代金は1兆6,325億円。
後場は様子見姿勢。
任天堂や村田製作所、太陽誘電が前場に比べて下げ幅を拡大している。電子部品メーカーの下落は、米国が中国のファーウェイに対する事実上の禁輸措置を発表したことが影響している。
出光興産などの石油株や証券株も軟調。
すてきナイスグループ(8089)は粉飾決算の疑いで、ストップ安売り気配となっている。
一方、朝方は反落していた三菱地所が小幅高に持ち直し、JR東日本は上げ幅を拡大した。
業種別下落率上位は石油、証券、電機、金属、鉄鋼で、上昇率上位は電力ガス、サービス、倉庫運輸、空運、陸運。

関連記事