TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/2時] 高値圏保ち合い。マツダは年初来高値。三菱ケミカルは安い
速報・市況2022年5月13日

☆[概況/2時] 高値圏保ち合い。マツダは年初来高値。三菱ケミカルは安い

2時3分時点の日経平均は636円高の2万6,385円、TOPIXは31ポイント高の1,860ポイント。東証プライム市場の上昇銘柄数は1,510、下落銘柄数は296。出来高は11億5,752万株、売買代金は2兆5,333億円。
日経平均は600円を超える上げ幅で高値圏保ち合い。
ソフトバンクグループと東京エレクトロンが買われ、リクルートとオリンパスが高い。
マツダ(7261)は決算が好感され年初来高値を更新。
有沢製作所は昨日発表した自社株買いが好感された。
一方、三菱ケミカルは今期の営業減益予想で下落。
メドピアは上期決算が通期予想に対して進捗率が低かったことで大幅安となっている。

業種別上昇率上位は石油、精密、金属、電機、情報通信で、下落は紙パルプ、電力ガス。(W)

関連記事