TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/2時] 24,100円前後の水準で推移。太陽誘電が上げ幅を拡大。建設と新型肺炎関連が高く、小売は下落
速報・市況2020年1月20日

☆[概況/2時] 24,100円前後の水準で推移。太陽誘電が上げ幅を拡大。建設と新型肺炎関連が高く、小売は下落

2時0分時点の日経平均は24,099.40円の58.14円高、TOPIXは1,745.23ポイントの9.79ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,581、値下がり銘柄数は469。出来高は5億9,717万株、売買代金は9,652億円。
日経平均は24,100円前後の水準で推移している。
太陽誘電(6976)が上げ幅を拡大し、日本電産とKDDIも堅調。
前田道路と前田建設が共に高く、日本道路とNIPPOも買われている。
中国で新型肺炎の患者が増加しているが、24日から旧正月の大型連休が始まり、多くの人が国内外を旅行するため、感染の拡大が懸念されていて、感染対策症対策機器の日本エアーテックや抗ウイルス加工繊維のシキボウが高い。
一方、ローソンやファミリーマートなどの小売が安く、くら寿司が売られている。
業種別上昇率上位は建設、電力ガス、機械、非鉄、ガラス土石で、下落は小売と食品。

関連記事