TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/2時] KDDIとソフトバンクは高い。KHネオケムは年初来安値
速報・市況2019年8月9日

☆[概況/2時] KDDIとソフトバンクは高い。KHネオケムは年初来安値

2時0分時点の日経平均は20,711.46円の118.11円高、TOPIXは1,505.21ポイントの6.55ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,265、値下がり銘柄数は784。出来高は8億2,923万株、売買代金は1兆4,834億円。
中国の7月野卸売物価が前年同月比0.3%下落し、約3年振りのマイナスとなったため、米中貿易戦争による景気減速が警戒され、上海株が反落した。
その影響で、後場の日経平均は前引けに比べて上値が後退している。
KDDIは一段高となり、資生堂やテルモが高く、セコムも堅調となっている。
ソフトバンク(9434)は高値を更新。
一方、ネクソンは減益決算で大幅安となり、KHネオケムは通期営業減益予想に下方修正したことで売られ、共に1月に付けた年初来安値を更新した。
業種別上昇率上位は鉱業、繊維、精密、石油、非鉄で、下落率上位は紙パルプ、証券、ガラス土石、銀行、空運。

関連記事