TOP  NSJショートライブ  概況/米国市場  ☆10月16日の米国株式市場は、NYダウ0.39%高、ナスダック0.36%安、S&P500 0.01%高
概況/米国市場2020年10月17日

☆10月16日の米国株式市場は、NYダウ0.39%高、ナスダック0.36%安、S&P500 0.01%高

10月16日の米国株式市場でNYダウは4日ぶりに反発した。9月の小売売上高が前月比1.9%増と市場予想の0.7%増を上回り、10月のミシガン大学消費者信頼感指数も81.2と市場予想の80.5を上回った。

ファイザーが独ビオンテックと共同開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、11月下旬にも米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する見通しを示したことも好感された。ファイザーは大幅高。

一方、ナスダックは4日続落で、アマゾンやテスラ、アップルが下落し、電動トラックメーカーの二コラはGMとの提携が破談なら自力で進む計画と最高経営責任者(CEO)が発言したことで急落した。
ズームビデオは続伸。

NYダウ工業平均は前日比112.11ドル高(0.39%高)の28,606.31ドル。ナスダック総合指数は前日比42.31ポイント安(0.36%安)の11,671.56。S&P500指数は前日比0.47ポイント高(0.01%高)の3,483.81。   

NYダウ採用銘柄はキャタピラーやボーイング、ユナイテッドヘルスなどが買われ、アップルやゴールドマン・サックス、シェブロンなどは売られた。指数を構成する30銘柄中、上昇は20銘柄、下落は9銘柄。

関連記事