TOP  NSJアップデート  コラム  【本日のマーケット】1月13日(水)
コラム2021年1月13日

【本日のマーケット】1月13日(水)

1月13(水)のマーケット                                                                   

前日の米国株式市場は反発。NYダウは反発。バイデン次期大統領が14日に経済対策を発表することが安心感を誘った。NYダウは前日比60ドル高(0.19%高)の3万1,068ドル。ナスダックも反発。テスラが反発し、燃料電池のプラグパワーが大幅高となった。ナスダック総合指数は前日比36ポイント高(0.28%高)の1万3072ポイント。

本日の東京市場は小反落でのスタート。寄り付き直後を安値として切り返し、徐々に上げ幅を拡大。半導体不足から、自動車生産の調整を余儀なくされたことから、半導体関連株が上昇。値がさハイテク株が指数を押し上げ、日経平均は一時2万8500円まで上昇。また、ドル建ての日経平均が最高値を更新したことから、外国人投資家の買いが増えると期待された。大引けの日経平均は292円高の2万8,456円。売買代金は2兆7,355億円。TOPIXは6ポイント高の1,864ポイント。

新興市場は共に反発。ジャスダック平均は反発。フェローテックやサンオータス、リバーエレテックが買われ、旭化学は2日連続のストップ高。一方で不二精機やセリアは下落。マザーズ指数も反発。太陽電池製造装置のNPCが第一四半期に営業黒字転換となり、ストップ高。メルカリ、BASE、バルミューダが買われた。対して、チームスピリットは中堅中小企業からの受注成長率が鈍化傾向で急落。エネチェンジやサーバーワークスが下落。

チャート上では、1989年末の最高値3万8,195円から、2009年3月の最安値7,054円までの下げ幅に対する3分の2戻しに当たる2万8,300円に到達。連続陽線は4本となり基調の強さが感じられる。ボリンジャーバンドの+2σ(2万8,119円)のバンドウォークは継続。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ NSJ Market Forcus
注目記事 Pick up
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鈴木一之 マーケットレポート
日本証券新聞1月14日(木)紙面1面記事掲載

製造業を襲う「半導体不足」騒動 株価上昇の最大の要因に

鈴木一之です。お正月休みが本当に明けて産業界の活動が本格化するのは、「成人の日」の3連休明けからになります。ここ何年かそう感じることが増えました。30年ぶりの高値水準まで上昇した株式市場は、年明けもしっかりした値動きを続けています。

ほっと一安心という新春相場ですが、しかし現実社会ではコロナ感染者数の増加は止まらず、緊急事態宣言は範囲が急速に広がっています。変異種の拡大も気になります。全く違った騒乱が続いています。

米国では大統領就任式を目の前にして大統領弾劾の手続きが進められ、トランプ大統領の支持層の行動に厳戒態勢が敷かれています。米国の長期金利の上昇は止まらず、次の火種になりかねません。トランプ大統領の誕生とともに始まった上昇相場は、トランプ大統領が表舞台を去ることになっても買い進まれています。「悪いニュースは良いニュース」ととらえる買い要因をいつまで続けられるか、高値警戒感も増しつつあります。

新年最初に日本の産業界が直面しているのは、それとはまた違ったリスクです。産業の根幹でもある「半導体」と「電力」という基礎物資が二つ足りないという厳しい現状があります。

自動車業界が焦点

最初の報道はホンダから始まりました。ホンダは車両制御システムの半導体が足りず、1月から主力の鈴鹿工場で主力の「フィット」で4,000台の減産を実施することになりました。当初は昨年の旭化成・延岡工場の火災の影響で品不足が発生すると伝えられ、ホンダだけの固有の問題ともみられましたが、それだけにとどまりまらず影響は世界中の自動車メーカーに広がっています。

・・・続きは紙面・Digital版で!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ NSJ Market Forcus
今日の市況概況
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月13日(水)☆[概況/大引け]

ホンダが半導体の調達難により北米でも減産方針となったことで半導体関連が買われ、上昇を牽引した。石油と海運も買われ、電力と医薬品は安い

大引けの日経平均は28,456.59円の292.25円高、TOPIXは1,864.40ポイントの6.46ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,232、値下がり銘柄数は856。出来高は12億3,956万株、売買代金は2兆7,355億円。
円高が影響し、日経平均はもみ合いで始まったが、半導体関連が牽引し11時前から騰勢を強めた。

詳しくはコチラ

関連記事