TOP  NSJアップデート  コラム  【新型コロナウイルス関連ページ】AI予測 外食業界影響レポート 
コラム2020年8月2日

【新型コロナウイルス関連ページ】AI予測 外食業界影響レポート 

xenoBrainによるAI解析

経済の未来をスコア化するSaaS型AIサービスを展開しているxenodata lab(ゼノデータ・ラボ) 

AI解析ツールの【xenoBrain】で膨大なデータから企業業績や需要動向、素材価格の将来動向についてAIが総合的に評価したスコアを生成。より高度な意思決定のサポートとなるツールを提供しております。

xenoBrain独自の63業界分類で分析を行い、全63業界とそのサプライヤーが受ける影響を業界別にまとめた一部を抜粋してご紹介します。今回はネガティブインパクト上位業界の外食業界をピックアップ。今後のアクションを考える一つの指針としてお役立てください。

業界別影響度ランキング *出所

2021年3月期の上場企業損失合計、6兆円と推定。世界的感染拡大でコロナの影響長期化へ

世界的な拡大を見せる新型コロナウイルスの企業業績への影響を独自にスコア化し、そのスコアに基づいて各企業ごとの増減益金額を算出、その金額を全上場企業 合計し全上場企業の損失(利益)合計を計算、約6兆円と算出された。

業界ごとに見てみると、自動車関連、鉄道輸送業界の推定影響金額規模がそれぞれ△2.5兆円、△8,000億円最も大きいと算出された。これは、3密回避などによる 出張・旅行等の外出控えの長期化やテレワークなどの影響が、市場規模の大きい業界で直接的に影響した結果上位を独占した。また、自動車メーカーは世界に生産拠 点を分散させているが、米国、欧州など既に被害が甚大なエリアや、インド、インドネシア、ブラジルなど現時点で終息が見えないエリアなどが多く、グローバル化 が結果的に推定損失金額を大きく引き上げる結果となった。また、外出控えやテレワークによる、住居を除く不動産の需要減退がこれから本格化するとみられ、それ に伴い中期的には不動産開発(△1,500億円)や建設関連業界(△2,800億円)など市場規模の大きい業界に大きな被害がでると推定されたことも全体の損失金額を押 し上げている大きな要因といえる。

一方、プラスの経済効果が大きい業界には、医療関連(+3,500億円)、スーパー(+870億円)、Eコマース(+370億円)などがあり、今後生活様式の変化により 力強い需要の恩恵受けることになると推測されたが、他業界の損失金額を相殺するほどの金額的な影響はならないと推定された。今後、第二波、第三波と緊急事態宣 言等による厳しい自粛要請が起こると、この経済損失金額はさらに拡大するとみられ、未上場企業も含めると、その経済損失金額は過去日本が経験したことがない規 模に膨れ上がる可能性が高いといえる。

ネガティブインパクト上位業界には、観光・宿泊、外食、百貨店、自動車、自動車部品業界が並んだ。データを読み解くと、自動車需要が急落することで、自動車部品企業やそれらを取り扱う総合・専門商社の業績インパクトが甚大になる。また、自動車需要を含む多くの工場稼働減少により電力需要が減少し、電力会社、及びそれを取り扱う商社やエネルギー業界での市場需要に大きなインパクトがあると予測が出ている

外食業界

デリバリー対応も来店客減少により大幅減益

外出自粛と時短営業・休業要請で来店客数が大幅に減少しており、業界全般で減益が予測された。デリバリー対応やファストフード等テイクアウト型の外食企業に対する影響は比
較的小さい一方、居酒屋やレストラン形態の外食企業は特に影響が大きいと予測される。

 

鉄道輸送業界の企業別影響予測ランキング

-減益可能性 上位15社-

外食業界 サプライチェーンの受ける影響分析

仕入先業界への影響

得意先業界への影響

全63業界への最新影響予測を網羅

■『業績影響企業ランキングやサプライチェーン評価で全63業界徹底分析』

新型コロナの影響を業績影響企業ランキングやサプライチェーン評価で業界ごとに徹底分析

関連記事